NHK番組に自民党議員が圧力
NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘

01年1月、旧日本軍慰安婦制度の責任者を裁く民衆法廷を扱ったNHKの特集番組で、中川昭一・現経産相、安倍晋三・現自民党幹事長代理が放送前日にNHK幹部を呼んで「偏った内容だ」などと指摘していたことが分かった。NHKはその後、番組内容を変えて放送していた。


議員が自らの政治信条に基づいて行動するのは分かるが、公共放送の番組内容(特に結論部分)を変更させたとなると、番組編集についての外部からの干渉を排した放送法に抵触するだろう。

是非、ことの真相を民放TV局にでも暴いてもらいたいものだ。
両議員も、自分の意見を正確に紹介されるなら、この手の取材に喜んで協力するはずである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-01-12 13:34 | ニュース
<< 「黒いナイチンゲール」っていう... Top 秋田県人の飲み会 >>