トウモロコシ畑に恋人募集広告 アメリカ
CNN.co.jp : 「トウモロコシ畑」で恋人募集、刈って文字作り - こぼれ話

農業を愛する白人独身女性求む」──こんな広告を自分のトウモロコシ畑に出した男性がニューヨーク州に現れた。男性は新聞広告を出す代わりに、トウモロコシ畑を刈って文字を作った。上空からこの畑を見ると、文字が読めるという。
畑には大きく「S.W.F Got-2 (ハートマーク) Farm'n」という文字が書かれている。これは「農業を愛する独身の(single)白人(white)女性(female)を求む」という意味で、文字の下には、男性の「住所」として、男性の家を指し示す矢印もある。

この男性(41)はバツイチの子持ちだが、地元紙に広告のことが載り、既に数件の電話や電子メールが寄せられているという。結局、男性はただで新聞広告を出すのと同じ効果を得たようである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-21 18:35 | 街角
<< 新党「日本」を旗揚げ、長野県知... Top 各国の「反米的」投票増える 国連 >>