大麻摘発するも、乳牛の餌に ロシア
Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk
CNN.co.jp : 摘発した「大麻」を牛のえさに 牛乳の味は? - こぼれ話

ロシア中部、スヴェルドロフスク地方の麻薬取締当局はこのほど、ヒマワリやトウモロコシの中に紛れて栽培されていた大麻を摘発。しかし、畑全体を処理してしまうと、厳冬を乗り切るための牛のえさがなくなるとして、大麻ともども牛に与えることにした。地元の新イズベスチヤ紙が16日報じた。

摘発されたのは40トンもの大麻だというから、かなりの量が摘発されたようだ。全量を取り除くと牛の餌が不足するというが、牛の健康についての影響については書かれていない点が気になる。

また、「牛乳の味がその後どうなるかは、保証出来ない」そうだが、間違っても高値で取引されることはないよう、願いたい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-18 06:20 | 街角
<< 英語の重要性 ロシア Top 国会議員もサボる ブルガリア >>