中世農民の歯は丈夫だった
Ananova - Medieval peasants had 'better teeth'

研究者によれば、中世の小作農民は食べ物を長く噛んでいたため、現代人よりも歯が丈夫だったようだ。

ヘルデックにあるヴィッテン大学のウォルフガング・アーノルド教授は5世紀から9世紀に埋葬された人々の遺物を研究した。

彼らは一度も歯磨きをしなかったにもかかわらず、子孫よりも良好な歯を持っていたことを教授は発見した。

「典型的な中世の人物はボロボロの歯を持っていたという描写は誤っています」と教授は語った。

「当時、甘い食品は利用されており、歯ブラシもなかったという事実にもかかわらず、虫歯の兆候を示す遺体は一つもありませんでした。」

「生野菜やミルクを掛けられていない穀類が多かった当時の食物は、より多く噛まなければならず、それが虫歯を大きく減らしていた理由です。」

一言:噛むことは、歯磨きよりも効果的!?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-17 20:41 | 医療・健康
<< 赤ん坊取り違え発覚も、そのまま... Top 綿貫氏ら、「国民新党」を旗揚げ >>