金のかからぬ避暑
NIKKEI プラス1

20歳以上の男女1031人が、最もおすすめとした涼み方を、調査会社マクロミルが7月下旬にインターネットで調査した。 これを集計した結果を、日経新聞が発表した。
冷房を利用する訳だから、田舎暮らしには厳しい回答例もあるだろうが、都会にありふれたものは、やはりよく利用されている。

調査は、「無料」の方法36通り、「有料」の方法26通りの選択肢の中から回答してもらった。その結果、「無料」の1位は「百貨店」であり、「有料」の1位は「コーヒーショップ」であった。以下、それぞれ次のような結果であった。
c0026624_234249.jpg
結局、この図でポイントが高いものは、それだけ身近な存在だと言うことだろう。身近になければ、いかにコーヒーショップが手軽でも利用は難しい。
身近に利用できる避暑ポイントのヒントとして、このようなものが周囲にないか、探してみてはどうだろうか。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-07 00:31 | 街角
<< サマータイム法案、またも先送り Top 騒音を奏でるCD >>