行員に昼寝の勧め オーストリア
Ananova - Bankers encouraged to sleep at desk

オーストリアの銀行が行員に対し、20分の昼寝をとって、より生産的になることを期待している。

神経学者で睡眠学者のマンフレッド・ワルツルによると、アルプスの共和国住人の3分の1は睡眠障害を患っている。

彼は、睡眠障害の結果、「仕事場での眠気とミスの多さ」がもたらされていると語った。

ワルツルは今、ステイエルマルクにあるスパルカッセ銀行で研究を指導しており、そこで従業員は生産性改善の効果を見るため、昼食後に20分の昼寝を取っている。

一言:昼食時間も最低の45分では、食事の後ゆっくりできません。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-06 00:20 | 街角
<< 野口みずき選手、移籍か? Top ある郡の雇用創出策 イギリス >>