国家公務員のボーナス増加
国家公務員のボーナス、8年ぶり引き上げ方針 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


人事院は2日、2005年度の国家公務員一般職給与に関する勧告で、8年ぶりに期末・勤勉手当(ボーナス)を引き上げる方針を固め、労組側に伝えた。

 民間給与の実態調査で、民間企業が業績改善を昨年後半や今年前半のボーナスに反映させた結果、国家公務員を上回ったためだ。


先に公務員の給与引き下げを人事院が勧告しているが、トータルな年収ベースこそを問題とすべきだろう。この記事では、トータルな増減がどうなっているのかは示されておらず、国家財政にどう寄与しているのか、あるいは財政負担が増えたのか、気になるところだ。

関連:【国家公務員一般職給与、マイナス勧告
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-08-03 06:31 | ニュース
<< 米農家、小規模なほど赤字 東北 Top 山頂にトイレを オーストラリア >>