駅ビルから煙、一時避難 千葉県
asahi.com: 「駅ホーム付近で煙」で避難、実はうなぎのまとめ焼き

28日、JR千葉駅のホーム付近から煙が出ているという119番通報によって消防車10台と消防ヘリが出動、駅ビルの客約150人が避難する騒ぎがあった。

消防署員が駆けつけた現場は、駅ビルの地下1階の店舗。だが、完全装備の消防隊員が店内をのぞくと、客が黙々とうなぎを食べていたという・・・。
c0026624_10333061.jpg
この日は、土用の丑(うし)の日の稼ぎ時。同店では昼食用に120匹のうなぎを焼いたが、一度に30匹をまとめ焼きしたために、換気が間に合わなかったらしい。

ウナギは匂いで食わせるとはいうが、この煙はとんだ「食わせ物」だったようだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-29 10:34 | 街角
<< 無駄だった災害対策住宅 東京都 Top バランスの取れた職場が出生率を向上 >>