休暇取ったら死亡宣告 ルーマニア
Ananova - Man lost job for being 'dead'

ルーマニアの男性が休暇から戻ったところ、彼は死亡宣告されたために職を失っていたことが判明した。

フォクサーニに住むバレンティン・レフター(20)は2週間ばかり家を離れていただけだったので、ショックを受けていると語った。

夏期休暇から戻ってきたところ、彼はワインの瓶詰めを行っているProdecam Vanatori社からの手紙を見つけた。

「私の妻に宛てられたこの手紙は、私の死亡に遺憾の意を表しており、未払い賃金などは来月支払われると書かれていました」とレフターは語った。

彼が会社の上司に電話した時、上司等は謝罪し、手紙はコンピューターのエラーによって送られたものだと言った。

しかし、彼の代わりの人物を雇ってしまったので、彼が会社で仕事に再度就くことはできないと彼らは言ったと地元メディアは伝えた。

彼は今、会社に約200万円の賠償を求めて訴えを起こそうと計画中だ。

一言:新手のリストラ?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-27 14:24 | 街角
<< 山拓、再び窮地に Top 政府専用機、閣僚も利用可能に >>