間違った相手と結婚式 インド
Ananova - Bride marries wrong man

聖職者の口が滑ったために、インドの女性が誤って別人と結婚するハメになった。

この聖職者はウッタル・プラデッシュ州ウダイヤ市のイスラム教徒の結婚式にて、花婿とその兄弟とを混同した。

誓いを交わす間、聖職者は「シラージ」と呼ぶべきところ、代わりに「メフラジ」と言い、花嫁も話をよく聞かず、これに同意した。

次の朝、花婿の家族が結婚証明書を見た時、誤りが明らかになった。

花嫁は両親の家へ送り返されたが、今、彼女は元々の花婿と結婚したのか、その兄弟と結婚したのか、板挟みになっていると伝えられた。

両家の年長者は、デオバンドにあるイスラム神学校の専門家にこの文言の取り扱いについて相談を持ちかけた。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-23 09:15 | 街角
<< リモコン争奪戦 ルーマニア Top 国家公務員一般職給与、マイナス勧告 >>