処女なら学費を肩代わり ウガンダ
CNN.co.jp : 性体験なければタダで大学に? ウガンダ

エイズの蔓延が問題となっているアフリカの国ウガンダでは、1990年代当初にエイズ感染率がピークを迎えたが、その後の国内啓発などで感染率が下がり、最近では6%前後だという。

そんなウガンダで、ある国会議員が地元選挙区の性体験のない少女には大学の学費を肩代わりすることにしたと発表した。

ニュービジョン紙によると、バーレ郡選出のスレイマン・マダダ議員は「カユンガ地区出身で、性体験のない女子生徒に限り」、学費を肩代わりするつもりだとして、参加者を募った。参加希望者は産婦人科の検査を受ける必要があるという。

性体験がなくても、男子生徒は対象にならない模様

責任ある行動を若者に促すと同時に、若い女性の教育を促進するためということだが、片手落ちだとの批判は起きないんだろうか?進学率を考えたら、是非、男女平等にしてもらいたい気もするが?
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-20 23:39 | 街角
<< 万能川柳 Top 教室で「落第」は禁句  >>