高齢ドライバー減らし+地元活性化策 高知県
高齢ドライバー:免許返納で「特典」 高知・土佐清水市

高知県の土佐清水市や県警清水署などでつくる「市高齢者交通安全対策推進協議会」は、地元商店街と組んで、ユニークな安全運動を始めた。運転免許を返上した人に交付される「運転経歴証明書」を示すと、地元の中央町商店街の18店舗で、割引で買い物が出来るようにしたそうだ。また、スーパー2店舗の商品券計2000円分ももらえるという。
c0026624_1565688.jpg

高齢ドライバーによる交通事故を減らそうと、高知県土佐清水市で今月から、65歳以上の市民が運転免許証を返納した場合、地元商店街で1割引きで買い物が出来る制度が始まった。秋田県や静岡県でも02年、返納するとバスや鉄道の割引乗車券が購入できる事業を始めたが、買い物の特典は異例という。

地元商店街が郊外店などに対抗するのに「1割引」というは微妙な線かもしれないが、高齢者がターゲットというのがポイントになりそうだ。あまり広い郊外店では高齢者は買い物に疲れてしまうかもしれないし、元々地元商店街に馴染みがあるのもどちらかといえば、高齢者の方だろう。そこへ「1割引」という優遇策が示されれば、買い物好きな高齢者を取り込めるかもしれない。これが奏功して交通安全に結びつくなら、面白いと思う。

関連:【高齢者の免許問題
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-19 07:58 | ニュース
<< 声に恋して ドイツ Top 「都市生活者に休暇は絶対必要」... >>