力自慢の男、熊に挑む ウクライナ
Ananova - Drunk picks fight with bear

驚くべき怪力を友人に自慢していたウクライナの酔っぱらいが体重267キロのグリズリー(灰色熊)に戦いを挑んだが、彼の命は風前の灯火となった。

この22歳の若者は名前は伝えられていないが、チェルカスクの町で友人と酒を飲み、そこで彼がいかに力強いかを、最初に出くわした最も大きな動物と格闘することで見せてやろうと決めた。

彼らは地元の動物園に行って手すりをよじ登り、熊の檻に侵入した。そして1頭の熊の足を打ち始めた。

熊は手を一振りして男を追い払ったが、男が再び熊を打ち始めると、熊は男を地面に押しつけ、切り裂き始めた。

職員がなんとか男を折から引っ張り出し、熊をなだめたと地元日刊紙のウクラインスキー・ノーヴィニ紙が伝えた。

彼が運び込まれた町の病院の医師によると、彼は深刻な状態だという。

動物園のスポークスマンはこう言った:「全ては1分足らずで起きたことで、他の熊が加わって彼を襲おうと構えていました。我々が彼をそこから出さなければ、彼は死んでいたでしょう。」
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-17 03:37 | 街角
<< 引っ越ししたことを忘れていた犬  Top ATMの「お恵み」 ルーマニア >>