中間試験中にプロポーズ モンテネグロ
Ananova - Bored student proposes mid-exam

ある法学部の生徒が中間試験に飽きてしまい、試験の最中に席を立ってガールフレンドに結婚を申し込んだ。

学生のエディン・スマイロヴィック(29)はモンテネグロにあるBijelo Polje大学の
経済法の試験の最中、他の学生への話しかける許可を求めた。

残りの学生にとっても重要である試験問題に関して質問があるのだなと考えた試験官は、学生に許可を与えた。

しかし、教室の真正面に進み出た彼は、同じく試験を受けていた26歳の彼のガール・フレンド、エディタ・ビキクの前に片膝をつき、彼と結婚してくれるよう求めた。

「試験が終わったら休暇中にエジプト旅行にエディタを連れだし、そこでボクはポロポーズする計画を立てていました。でも、問題用紙にはとても飽きていたのと、結婚への見通しについて考えるととても興奮してしまい、今ここで彼女にプロポーズしなければいけない、と決めたのです」とスマイロヴィックは言った。

エディタが「はい」と答え、その後、二人は今月結婚することになったと地元日刊紙Glas Javnosti が伝えた。

一言:ロマンチックかもしれないが・・・そんな夫で良いのだろうか?(笑)
[P.S.]「期末試験」→「中間試験」に訂正しました。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-08 21:41 | 街角
<< ミニスカートの女性が半額になる... Top ロンドンで連続爆破事件発生 >>