「主婦・高齢者IQ低い」資料がヤリ玉に
郵政民営化 政府プレゼン資料で“差別” 主婦・高齢者IQ低い

郵政民営化に関する政府の折り込みチラシについて、民主党の五十嵐文彦議員が政府を批判している。議員の本来の狙いは、この政府のチラシが特定企業との随意契約であることなどを追及するものだが、その企業が政府へプレゼンした資料の内容がやり玉に挙がった。

この資料には「ターゲット戦略」と題されており、どのような人にチラシを配るべきか説明した資料となっている。資料は、
国民各層に、郵政民営化をどう広報するかを示しており、「財界勝ち組企業、大学教授」などを「A」、「主婦層、シルバー層、具体的なことは分からないが、小泉総理のキャラクターを支持する層」などを「B」と分類。「IQ軸」を記した図が添えられ、AのIQは高く、Bは低い、と見える配置になっている。
・・・とのこと。
c0026624_15111048.jpg民主党の山花郁夫議員は「あるグループをターゲットとしている。チラシが配られた方、ごらんになった方はIQが低いんですよ、というのに近い話だ。人権上、好ましくない」と南野法相を追及したそうだ。

言っていることはどちらも分かるが、政府側の資料に「小泉首相のキャラクターを支持する人はIQが低い」と言わんばかりの資料、というのはいかがなものかと・・・。(笑)
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-08 15:04 | ニュース
<< ロンドンで連続爆破事件発生 Top 2012年オリンピック、ロンド... >>