ターザンをまねて病院へ ルーマニア
Ananova - Tarzan swings, Tarzan falls...

BAKAUルーマニアの男が妻を逃れて酒を飲みに行こうと、木から木へとスイングを試みたが、行き着いたのは病院だった・・・。

ステファン・トリスカ(66)がいつも友人と飲みに行くことに嫌気がさしていた彼の妻は、夫を寝室に閉じ込めて鍵をかけてしまった。

彼のターザン風脱出計画は裏目に出て、彼は蔓から滑って15フィート(約4.5m)下の地面へ落下し、腕と足首、大腿を骨折した。

バカウ郡に住むトリスカ氏は言った:「木から木へ飛び移り、地面に降りるのが、こんなに難儀なことだとは思いもしなかったよ。」

「不幸にして、ターザンの映画で見るのとは違って、実際にやるのは大変だったということさ。それと多分、ターザンはワシよりずっと若いということ考慮するのを忘れていたかも知れん。」

一言:酒への執念は正常な判断力をも奪うのかも知れません。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-07-07 02:00 | 街角
<< 政府刊行物に初の民間CM導入 Top 「義母シンドローム」 ルーマニア >>