ロボットに表情は必要か

先週、東京ビッグサイトで「第13回産業用バーチャルリアリティ展」が開催された。
主に産業用ディスプレイ関連の展示会らしいが、中にはこんな展示出品もあったようだ。
ご覧になった感想はいかがだろうか。写真を見た限りだが、私は鳥肌が立ってしまった。


I-robotロボット先進国の日本では、AIBOやアシモなど、ロボットが実在の生物を真似て進化しつつある。しかし、この写真を見た際に感じた違和感は何だろう。

「ロボットがロボットらしく在り続けるべきだ」という議論は、映画やSFアニメの中で聞くものだと思っていたが、どうやら遠い未来の話では無さそうである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-27 16:46 | 街角
<< 樹上ホテルがオープン ドイツ Top 香港ディズニーランド、9月オープン >>