自分を名誉町民に、可決 佐賀県
「自分を名誉町民に」北方町長本人の提案を議会可決…佐賀 : 週間ニュース : 九州発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

佐賀県北方町で、町長が自分を名誉町民に推薦し、議会がこれを可決するという珍しい事態が発生した。

北方町は来年3月に合併して姿を消す。現町長はこれまで8期に渡って町長を務め、議会側もこれを評価し、名誉町民条例があるうちに適用したいと考えたようだ。
だが、町の条例の制約で議員が発議できないことが判明したため、町長自らが提案したらしい。

松本町長は「条例改正なども検討したが、9月議会では合併間近になる。名誉町民としてのあいさつ回りなどを考えると遅いと考えた」と説明。反対した議員は「本人が提案するのは全くナンセンス」と批判した。

町長の功績は評価するにしても、名誉を自らが授ける形になるのは少々間抜けな事態と言えそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-25 16:39 | ニュース
<< 質の高い壁画で落書き封じ 宮城県 Top 米国の人気が下降中 >>