うっかり、重婚 ノルウェー
Ananova - 'Bigamist' forgot she was married

ノルウェーで重婚の疑いを持たれた36才の女性は、自分が既に結婚していることを忘れていたと言っている。

彼女は警察に対し、アフリカから引っ越して以降4度目の結婚をする際に、結婚しているということを忘れていたと語ったとBergens Tidende紙が伝えた。

「この女性は警察の出入国管理部に報告されました。調査が始まり、我々は最後の婚姻が全く公式なものであると考えています。」と警察の法律官アネッテ・ヴァングズネスは言った。

この女性は1990年代にノルウェーにやってきて、ノルウェー男性と結婚し、後に離婚した。
2002年、彼女はアフリカ人と結婚したが、この結婚も長続きしなかった。
2004年2月、女性は別のアフリカ人と結婚した。 国内登録によると、この関係はいまだに有効である。

2004年8月、女性の3番目の夫が休暇に出かけていない間に女性は別のアフリカ人の男性を4番目の夫として得た。

新しい花婿がノルウェーへの居住許可を申し込んだ際、警察が疑いを持ち、女性の結婚歴が明るみに出た。

「彼女は結婚していることを忘れていたということ以外、何らの説明もしていません」とヴァングズネスは言った。

重婚による有罪判決はノルウェーでは極めて希であり、これまで7つの事件で男性が起訴され、裁判に掛けられただけである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-25 05:03 | 街角
<< 誘拐容疑でCIA要員を逮捕へ ... Top 今年の新人、就職したら「勝ち組」 >>