猛暑で防空壕へ「避難」 中国
熱波対策に防空壕を開放 重慶 | Excite エキサイト
Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk

中国各地の天気予報このところ、中国各地が猛暑に襲われ、22日(水曜日)の最高気温は北京で39度、石家荘では41度と予想されている。気温もさることながら湿度も高いということで、熱中症などが気になる天気だ。

そんな中、中国10番目の大都市重慶では、7ヘクタールもの面積に及ぶ地下防空壕を市民に開放して暑さを逃れてもらおうとしているそうだ。
新華社が役人の言葉を次のように伝えている。
現在、警備員と清掃業者が健全な環境を保証するべく配備されている。避難所では、無料のお茶、椅子、本および新聞が供給される。
防空壕の建設は60年代以降だというから、中ソ紛争の産物かとも思うが、平和時にも有効利用できるとは、ちょっと意外だった。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-22 14:09 | ニュース
<< クリントン前大統領、グアンタナ... Top 金属片問題、国土交通省が結論へ >>