火星の夕暮れ
火星の「青い」夕暮れ…NASAが画像公表 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

火星の空は赤く、夕暮れは青い。地球とは対照的な光景です。米火星探査車スピリットの高解度カメラが撮影した珍しい火星の夕暮れ=NASA提供地上の風景地球の空が青いのは、大気の主成分である酸素や窒素の分子サイズが太陽光を散乱(レイリー散乱)する結果、丁度青い波長の光が散乱され、目に飛び込むためだそうだ。
夕焼けは太陽が斜めに大気に差し込むため、太陽光は大気を長距離に渡って通過するうち、青い光が散乱で取り除かれてしまうためであり、地球の光景は大気が作り出しているとも言える。

火星には地球のような分厚い大気がない。代わりに、舞い上がる砂埃の粒が長波長の赤い光を散乱して大気が赤く見えるという。同様に、夕焼けは赤い光が取り除かれるので、青く見えるという訳だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-19 07:24 | 自然科学
<< 史上最大の個人情報漏洩 Top 「悪魔払い」で十字架にかけられ... >>