カリフォルニアでM7.0の地震
地震:カリフォルニアでM7

14日午後7時50分(日本時間15日午前11時50分)ごろ、米カリフォルニア州北部の太平洋沿岸でマグニチュード7の地震があった。ロイター通信が伝えた。

 米地質調査所によると、震源の深さは約10キロで、カリフォルニア州からメキシコ国境に至るまでの沿岸に一時、津波警報が出されたが、被害が出たかなどは不明。

スマトラ沖地震以降、地震による津波の被害が世界的にも関心を持たれるようになった。「TSUNAMI」は学術英語から一般英語にも普及した。だが、津波対策に関して日本が誇れるものは早期警報程度ではなかろうか。結局のところ、津波対策としては、避難しなければ始まらないのだ
沿岸自治体の取り組みが重要なのは言うまでもないが、個人の意識を啓発するような取り組みを始めた自治体もある。和歌山県は津波が起きた際、お年寄りや障害のある人を助けるための支援者を選び「避難台帳」にまとめて管理することにしたそうだ。
いざという時は、住民自らが機敏に動いて命を守る取り組みとして評価したい。

関連:【チリ北部でM7.9の地震

参考:地震ハザードステーション
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-15 22:12 | ニュース
<< オリンピック向けクイズ 中国 Top 人生を変える宝くじ ドイツ >>