知力低下、落書きにも影響? 宮城県
河北新報ニュース 落書き、知力低下反映? 単純な絵などばかり 仙台

どこの街にも若者の落書きは見られる。勿論、大半は不法に描かれたもので犯罪だが、最近の落書きの質の低下が住民を一段と憤慨させているようだ。
宮城県仙台市の街中では落書きの被害が絶えないが、数年前に比べて見劣りする内容ばかりになったと嘆く声がある。
c0026624_20453141.jpgc0026624_20455293.jpg:数年前の落書きは色彩も豊か。

:最近の落書きは手抜き?

2年ぐらい前までは芸術的な落書きもあったが、最近は単純なものばかり」と指摘するのは、泉青年会議所を中心に2年前に結成された「らくがき消っし隊」の隊員藤巻紀夫さん(39)。

 消っし隊によると、4月に地下鉄八乙女駅のガード下やバスプールで見つかった落書きは、黒などの単色で、排せつ物を単純化した絵や英単語や記号の羅列。県道仙台泉線でも多くの電柱に落書きされたが、これも「単純で雑なものばかり」(藤巻さん)だった。

 市中心部の広瀬通周辺では3月、洋服店などが被害に遭った。これも意味不明な英単語の羅列。モルタルに書かれるケースも多く、塗料が染みこんで、消すのに10万円以上かかっている。広瀬通町内会の男性(58)は「落書きはすべて許せないが、最近は美的感覚のないものばかりで、なおのこと頭にくる」と語る。

らくがき消っし隊というネーミング・センスについてはさておき、落書きされた側も芸術性やメッセージ性を感じさせない落書きについては怒りが倍増するそうだ。
落書きを目論んでいる人は(こんなところは読む由もないだろうが)、「作品」が二重に否定されている情けない現状を汲み取り、無駄な行為は思いとどまって欲しい。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-14 20:46 | 街角
<< 体罰カフェ 韓国 Top チリ北部でM7.9の地震 >>