薄毛は女性ホルモン減少が主因
LION-発表資料-“女性ホルモン”の減少も「女性の薄毛」の引き金に!
女性の薄毛:要因は更年期に伴う女性ホルモンの減少…?

女性の薄毛は男性と違って、更年期に伴う女性ホルモンの減少が大きな要因だという研究を、ライオンが実験で確認した。15日から東京都で開かれる日本基礎老化学会で発表する予定。

実験によると、発毛を促進するタンパク質「BMP」は、毛乳頭細胞に女性ホルモンを加えると増えることが判明。「女性ホルモンの減少を防ぐことで、女性の薄毛のかなりの部分は防げる可能性がある」そうだ。

尚、元々女性ホルモンが少ない男性のBMP減少は仕組みが別だとのこと。

関連:【薄毛は母方から遺伝
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-13 23:09 | 医療・健康
<< チリ北部でM7.9の地震 Top 最速のスピード違反 ドイツ >>