中国人領事の主張に疑義 オーストラリア
元中国外交官の主張の一部に虚偽の疑い…豪紙報道 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

中国の人権状況に嫌気がさしたとして、オーストラリアに亡命を申請して却下され、保護申請をしていた在豪中国領事が、自分が関わったと主張している拉致事件について虚偽の主張をした疑いが高いと、オーストラリアの新聞「オーストラリアン」紙が指摘した。

この元外交官は在シドニー中国総領事館の元1等書記官を名乗る陳用林氏(37)。今月初め、同紙に中国政府の反体制派への弾圧について語った際、アモイ市の副市長が2000年、滞在先の豪州からの帰国を拒否したため、息子が中国当局に拉致され、本人も強制送還されたと話した。

 しかし、同紙のその後の取材で、実際には副市長が自発的に帰国したことや、息子が拉致された事実はなかったことが判明。副市長は帰国後、汚職の罪などで死刑判決を受け、現在も収監されているという。


この新聞の情報が正しければ、領事の言葉の信頼性に疑問符が付きかねない。
在豪の中国人スパイが1,000人いるという話については、別の亡命希望者(公安関係)も同じような予測を語っているので、すぐに否定はできないと思うが、それにしても重大な問題だ。これで、亡命申請は一段と慎重に判断されることになるだろう。

参考:【中国領事が亡命申請 オーストラリア
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-11 22:18 | ニュース
<< ブログ利用、女性が上回る Top 一人っ子政策を維持 中国 >>