学生を”デブ”と呼んだ教授に罰金 ブラジル
Prof fined for calling student 'fatty'

ブラジルの大学教授が学生を「デブ(fatty)」と呼んだことで600ポンド(約12万円)の罰金を課された。

ディアス・アジャリアン教授は、生徒ロシアーヌ・ド・サントス・ローシャがトイレへ行った後でこの発言をした。

しかし、彼女はテープレコーダーを回しっ放しにしていたので、リオ・デ・ジャネイロにあるエスタシオ・デ・サ大学での講義を彼女が聞き漏らしはしなかった。

テープを再生した時に彼女は、アジャリアン教授が彼女のことを、食生活を変えなければますます太る「デブ」だと言ったのを耳にした。

彼女は教師を訴え、教授は彼女に不快な思いをさせるつもりはなかったと言ったが、彼女は裁判に勝った。

一言:授業に対する熱意が無ければ、思わぬ展開になることもなかったでしょう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-08 21:12 | 街角
<< 上演中に武装警察が突入 ロシア Top 金属片問題 全国で3万8千個も >>