首相が議員バッジを付け忘れ
@nifty:NEWS@nifty:首相が議員バッジ忘れるの一幕(共同通信)ノーバッジは行き過ぎ…首相、忘れて本会議に : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


小泉純一郎首相が八日午前、国会議員バッジを着けないまま参院本会議に臨み、秘書官らが気付いて衆院事務局まで走って予備の国会議員バッジを調達、首相に届ける一幕があった。首相は本会議後、首相官邸で記者団に「いやいや、身分証明書があればいいと思っていたから。議員バッジは人のを借りてもいいんだよ。決められたことには従います」と述べた。

6月からクール・ビズを導入し、閣僚もノーネクタイだとご満悦だった首相だが、1週間目にしてちょっと失敗してしまったようだ。
スーツだったら付け忘れることはなかっただろうが、こんな弊害(?)が有ったとは。

[P.S.]
讀賣新聞の記事「ノーバッジは行き過ぎ…首相、忘れて本会議に」によると、首相は「クールビズ」姿で全国市長会議に出席した後、首相官邸に戻り、上着とネクタイ姿に着替えたものの、バッジは付け忘れたとのことだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-08 14:11 | ニュース
<< 金属片問題 全国で3万8千個も Top マールブルグ病のワクチンを開発 >>