酒好きにはミカンを
ミカンに肝障害予防効果? 果樹研が静岡で住民調査

ミカンを多く食べると肝機能障害動脈硬化の予防に役立つ可能性があることが、果樹研究所(茨城県つくば市)などの調査で8日までに分かった。
これは温州ミカンの産地、静岡県三ケ日町の町民1073人を調べた結果分かったという。
ミカンに含まれるベータ・クリプトキサンチンの血中レベルが高い人ほど、γ-GTPの値が低かったそうで、γ-GTPが高くて悩んでいる人には朗報かもしれない。

尚、オレンジではなく、ミカンである点は重要だ。ベータ・クリプトキサンチンの量が10倍も違うそうである。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-08 09:57 | 医療・健康
<< マールブルグ病のワクチンを開発 Top 根付く介護保険制度 >>