海底資源開発推進法案、民主党が提出準備
資源探査で法案提出へ 民主、中国開発に対抗 | Excite エキサイト : ニュース

民主党が、日本の排他的経済水域(EEZ)での他国の資源探査や海洋調査を規制すし、日本による開発を促進するための「天然資源探査・海洋調査に関する権利行使法案」および「海底資源開発推進法案」を提出に向けて準備していることが明らかになった。
海上保安庁などにより、資源開発・調査する企業の「安全確保」に努めることなどが柱だ。
法案は、EEZ等における天然資源探査および海洋調査に関する権利行使法案と海底資源開発推進法案。EEZ内での他国による資源探査の禁止を明記。海洋調査についても関係閣僚の許可制とし、5年以下の懲役、1000万円以下の罰金という罰則も設けた。

日本は周囲を海に取り囲まれていながら、海洋資源開発では目立った活動をしていないように思える。将来のために資源を手つかず状態にしておこう、というのであれば、それも良いかもしれないが、中国が資源開発に日本近海にも手を伸ばしている現状を踏まえれば、民主党案のような法整備は不可欠だ。
今すぐ開発は出来ないような場合はなおさら、予防的措置としての意義があると言えよう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-04 11:41 | ニュース
<< 公営住宅の入居収入基準を初引き下げ Top 旧敵国条項削除へ草案 >>