高齢者の免許問題
80代カップルの明日なき暴走 | Excite エキサイト

オーストリアで、高齢を理由に免許更新を拒否された80代の夫婦が車とバスで2300キロもの逃避行をしたことがニュースになった。
二人とも認知症(痴呆症)だそうだが、運転技能は問題ないことを証明したかったのかも知れない。(?)

高齢者マーク日本では、高齢だからと言ってすぐに免許を取り上げられることはないが、70歳以上になると免許更新手続きが厳しくなる。(参考
こうした対応は、主に高齢になると認知力や反応速度が低下するためだが、車は人の運動能力を補い、時間と距離を縮めてくれる。こうした効果の享受は、むしろ体力の弱った高齢者ほどメリットがある。車に限らないが、文明の利器は弱者にこそ必要なものが多々ある。
高齢者と社会にとって安全な車の開発、安全な利用方法を考えたいものだ。自分たちが高齢者になった時のためにも。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-03 09:49 | ニュース
<< ラーメンが一生無料になるコンテ... Top 警察が性の奴隷を「解放」 ドイツ >>