警察が性の奴隷を「解放」 ドイツ
Oddly Enough News Article | Reuters.co.uk

ベルリン(ロイター)-ドイツ警察は、誘拐の畏れがあるとの通報を受け、車のトランクから男性を「解放した」ものの、この被害願望者は実のところ、自ら望んだ性奴隷と判明したと、木曜日に当局が語った。

女性が誰かを車のトランクに閉じ込めたところを見たという人が、心配して警察に電話を掛けてきたため、警察がこの車を停車させた。しかしながら、トランクを開けてみると、革紐と首輪以外には一糸まとわぬ39歳の男に出迎えられた。

「SMプレイ真っ最中のカップルだったことが判明しました。”女主人”が運転しており、奴隷がトランクに入っていたのです。」と、バイロイト南方の町にある警察のスポークスマンは語った。

車の後部では男性にとって危険と判断したので、警官等は彼に車の中に座るように言い、そして彼らを送っていった。

一言:似たような事件が以前もあり、ヨーロッパの警察は苦労しているようです。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-03 08:24 | 街角
<< 高齢者の免許問題 Top 有名人の髪を売った床屋 >>