優しい裁判官、ケーキ1個で懲役6ヶ月判決
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - 万引き:「刑務所志願」でケーキ1個盗む 47歳男に懲役6月判決 /神奈川
Excite エキサイト : 社会ニュース

3月に執行猶予付き判決を受けた被告が、ケーキ1個(168円)を盗み、懲役6ヶ月の実刑判決を受けた。今回の裁判と3月の裁判は、同じ裁判官が担当した。
この裁判官、前回は猶予刑で男の更生を願ったが、今回は「境遇に同情の余地もあるが、犯行は厳しく非難される」と述べたそうだ。

判決によると、男は4月11日、横須賀市内の商店でケーキ1個を盗み、店員に見つかり、横須賀署員に逮捕された。釈放時の所持金は1万円ほどだが、逮捕時は約200円。「刑務所のほうがきちんと食事できる」とケーキに手を伸ばした。
 男は鹿児島県出身で、中学卒業後、集団就職で上京。約2年前におじを頼り横須賀方面に来たが、最近は野宿生活だった。法廷で「職が見つからず、市役所に生活保護の申請に行っても『住所不定はだめ』と言われた。捕まりたい気持ちだった」と漏らした。

前回は執行猶予のついた温情判決だが、被告人の希望通り刑務所行きを叶えてあげるとは、今回も温情判決と言えるかもしれない。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-02 04:41 | 街角
<< 有名人の髪を売った床屋 Top ビール風呂が登場 オーストリア >>