6月1日は「衣替え」

c0026624_1193662.jpg
  • 今年の6月1日は全国的に気温が上昇し、衣替えにふさわしい陽気になった。
    閣僚と国家公務員はこれを機に、省エネ推進のため6月から9月まで全省庁がネクタイ上着を着用しない夏のビジネス軽装「クール・ビズ(COOL BIZ)」を開始した。大平政権で生まれ、羽田首相がアピールした「省エネルック」は結局定着しなかったが、名前を変えた今回はどうなるだろうか。

  • 郵便局が暑中見舞い葉書の発売を開始した。

  • 外来種被害防止法が施行された。この法律は生態系や農林水産業への悪影響防止が目的で、37種の外来種の動植物について無許可の輸入、販売、飼育、運搬、放流などが禁止された。
    比較的身近なところでは、ブラックバスやアライグマ、ミドリガメなどが対象となっている。新たに誕生した取締官が警察と協力し、ブラックバス持ち出しなどを監視しているので、バス釣りが趣味の人などは要注意だ。
    尚、違反した場合、法人は1億円以下の罰金、個人は3年以下の懲役が課される。

  • 静岡県と和歌山県で新たに地上波デジタル放送が開始された。これで、試聴可能世帯は16都府県2040万世帯に拡がったとのこと。
    [PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-06-01 23:59 | ニュース
<< ビール風呂が登場 オーストリア Top 続・アパート郵便受けに503万... >>