遅いと感じるのは10分17秒 イギリス
Ananova - How late is late


どれくらい遅れれば遅いと言えるのか、研究者達が最終的に決定した─10分17秒だ。

これが、遅れたことで電話連絡しなくてはと人々が思う遅延時間の閾値である。

この時間に、イングランド地方とウェールズ地方では12人の赤ん坊が生まれ、8件の交通事故が起こり、3,804人が飛行機に乗り、5億9千万通の電子メールが世界中を飛び回る。

しかしながら、ドライバー達のサイトGetMeThere.co.ukの研究によると、約10%の人は「約束の時間」から最低30分過ぎなければ電話しようとしない。

50歳代の80%以上は、「バスに乗り遅れるな騒ぎ」─大切なイベントに遅れることに対する不安─のため、決して遅れたりしないと主張している。

しかし、若い女性のほぼ70%は、最初のデートで遅れることは、「いつものこと」でない限り「許容される」と信じている。そうすることで「切羽詰まっていない」と感じることができるからだ。

1点だけ、男も女も同意するのは─姑の誕生パーティーに遅れても、「気にならない」ということだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-29 00:24 | 街角
<< 人権監視団体が中国の「二重基準... Top プレトリアを「ツワネ」に改称 ... >>