トイレット・ペーパーの危機 フィンランド
Ananova - Finnish loo roll crisis

フィンランドでは製紙工場のストライキにより、トイレットペーパーが絶望的なほど品薄になっている。

何処の店でもトイレット・ペーパーは売り切れ、人々は買いだめに走った。

ヘルシンキにあるある店の経営者は言った:「もう何日も売り切れですし、まれに新品が入荷しても棚に並べるが早いか、売り切れてしまうのです。」

4週間に及ぶストライキで、行楽旅行に行くフィンランド人達は、土産物ではなくトイレットペーパーで鞄をいっぱいにして帰ってくるようになった。

一言:石油危機によるものではないので、、早く解決することを祈ります。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 23:43 | 街角
<< 通りで日光浴し、逮捕 ウクライナ Top 決闘は罪 >>