原子力携帯電話 アメリカ
Yahoo!ブログ - 世界メディア・ニュース
cellular-news | a leading wireless telecoms news and information portal

エネルギーとしての原子力は、潜水艦や人工衛星など、小さなものにも応用されているが、ニューヨークのロチェスター大学では携帯電話への応用を研究中というニュースがあった。
ロチェスター大学が開発しているに新しいバッテリー技術は「Betavoltaics」と呼ばれ、ソーラー・パネルが太陽から光子を捕らえて、それらを電流に変えることと同様に、「Betavoltaics」の科学は電流を形成するために三重水素などの放射性ガスから放たれた電子を捕らえるのにシリコンを使用している。

そのうち、一生電池の交換や充電が不用の携帯電話が出て、携帯電話で被爆する人も出る可能性があります。

現在の携帯電話も電磁波による人体への影響がまだ議論されているのに、いくら電池が10年持つからと言って、アルファー線まで浴びるのはイヤだと思うのだが・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 17:50 | ニュース
<< 決闘は罪 Top アムネスティ年次報告書2005 >>