「日本地球惑星科学連合」、24学会が設立
Excite エキサイト : 社会ニュース
asahi.com: 地球惑星科学連合設立 24の学会が-サイエンス

日本国内の24学会が連合し、日本地球惑星科学連合(Japanese
Union of Earth and Planetary Sciences)(略称JUEPS、ジェップス)が25日、設立された。
会則(案)には、学会の目的がこう書かれている。
地球惑星科学コミュニティーを代表し,国際連携及び社会への情報発信,関連分野の研究発表,情報交換を通じて,学術の発展に寄与することを目的とする.

日本の地球科学分野の学会は、アメリカやヨーロッパに比べると学会の規模も活動も目立たないように感じるかもしれない。G-Netの言葉を借りると、「世界的には地質学者の地位は高いのに、日本での立場は土方以下の状況にあり、この現実が悲しい。日本の科学に対する理解の未熟さを痛感していて、少しほっとする話題」だろう。

学会同士の横のつながりを持ち、防災、地球環境、資源などで、政策提言するなどは良い動きだと思う。取り敢えず、7月には地学教育に関する提言をまとめたいとしている。
この日本地球惑星科学連合への参加学会は、以下の通り。
日本応用地質学会
日本海洋学会
日本火山学会
日本岩石鉱物鉱床学会
日本気象学会
日本鉱物学会
日本古生物学会
資源地質学会
日本地震学会
日本水文科学会
水文・水資源学会
日本雪氷学会
日本測地学会
日本第四紀学会
日本地下水学会
日本地球化学会
地球電磁気・地球惑星圏学会
日本地質学会
日本地理学会
日本粘土学会
日本陸水学会
日本惑星科学会

[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 15:25 | ニュース
<< グァンタナモ基地司令、「不適切... Top 「命の電話」も経費削減 カナダ >>