「命の電話」も経費削減 カナダ
24時間の自殺ホットラインが月~金の9~5時に!? | Excite エキサイト

カナダのプリンス・エドワード島では、予算削減によって、これまで24時間運営だった自殺防止のホットラインを月曜日から金曜日、午前9時から午後5時までのビジネスアワーに限ることにしたそうだ。

一瞬、「真面目に考えてる?」と疑問を感じる内容だ。勿論、地元の反対もある。
アルバータ州エドモントンに拠点を置くカナダ自殺防止協会の常任理事、ジョーン・ライト氏は「誰が真昼間に、不安になったり、物事にくよくよ悩んだり、心配したりしますか?普通は午前3時とか4時じゃないですか」とコメント。
日本の自殺者は月曜日の朝に多いそうだが、自殺者が悩む(悩める?)時間帯を考えると、そう大きく日本と異なるとも思えない。
プリンス・エドワードの人口は13万7000人、命の電話の運営経費は年間260万円だと言うことだが、費用削減という文脈で語るにはそれほど大きな削減効果が得られるとは思いにくい。
むしろ、人命が失われれば、そちらの経済損失の方が大きいという意見に賛成だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-27 12:12 | 街角
<< 「日本地球惑星科学連合」、24... Top NPTが失敗、そのまま閉幕へ >>