高齢化する暴走族
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 48歳暴走族、国道を爆走…逮捕 昔の血騒ぎ「つい」

最近は暴走族が流行らないそうだ。集団での暴走行為が完全に無くなった訳でもないが、その数は減少しつつあり、平均年齢も高齢化している。今や暴走族は時代に「乗り遅れ」ているのかもしれない。

福島県いわき市では、おそらく、国内最高齢かと思われる暴走族(48)が深夜の国道で暴走行為を繰り返していたとして、逮捕された。福島県警の管轄内では間違いなく最高齢だとのことだが、国内でも珍しいのは確か。
この暴走では同時に10人が逮捕されているが、この容疑者は際立って年が離れていた。

県警によると、容疑者は暴走族に自分から声をかけて参加。少年たちも「いつものおじさんがまた来た」と、特に気にかけなかったという。妻子もあるこの容疑者、若いころから暴走を繰り返し、「集会があると聞くとつい参加したくなった」と話しているということだ。
残念というより、迷惑そのものな青春である・・・。

参考:警察庁ホームページ
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-26 10:05 | 街角
<< ボイジャー1号、太陽系外縁部に... Top 精子提供にも税 デンマーク >>