ドッグ・フードもダイエットの敵 イタリア
Ananova - Dieting boy ate dog's dinner

ダイエット中のイタリア人少年がそれでも体重増加中である理由を、両親が見つけ出した─彼はドッグ・フードを盗み食いしていたのだ。

犬が少年のお尻に噛みつき、少年がペットの餌を食べていたのだということを両親が理解した時、謎は解けた。

フロジノーネの10歳の少年は、体重計が7ストーン12ポンド(約50キロ)に届きそうになり、ダイエットするように命令された。

少年の父親は地元メディアに対し、犬が痩せて見えることには気づいていたが、関連については気づいていなかったと語った。

少年の両親は医師に、息子のためにもう少し軽いダイエットを工夫してもらえないかと求めたそうだ。

一言:犬も可哀相だが、10歳の子供にただ食べるなというのも無理っぽい・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-26 06:04 | 街角
<< 公明党が首相に靖国参拝自粛要求 Top IDカードの偽造対策 ベルギー >>