半袖&ノーネクタイ、男性の意識がネック
<気温30度>男性の2割は長袖上着着用 女性はゼロ Excite エキサイト

気温が30度以上になっても、男性の約2割は長袖の上着を着て街を歩いていることが、文化女子大の田村照子教授(衣環境学)らの調査で分かった。冷房温度を上げて省エネにつなげるため、環境省は夏場のノーネクタイ、ノー上着を呼び掛け中だ。田村教授は「暑苦しくても厚着する男性社会に合わせるから、女性は過剰冷房で寒さに震えてしまう。男性の夏の軽装は、女性のためにも、省エネのためにもなる」とライフスタイルの転換を呼び掛けている。

この調査を行った田村教授は、「無理してでも長袖を着る社会規範が男性には残っているようだが、25度を超して長袖上着を着ていると、不快感が増し、作業効率も落ちる」と指摘している。

ごもっともな指摘だが、指摘されるような男性は、マナーという規範に忠実なだけなのだと思う。逆に言えば、上司の言葉であればすぐに従うのではないだろうか。
そもそも、暑いからと言って上着を脱いで客先に行っても、客先は服装については何も言ってこないだろう。(契約の出来不出来は、服装に関係するか不明だが。)
もしも、服装について何か言う人がいるとしたら、彼の上司だ。下手に半袖を着ていけば、「そんな格好で、どうする!」と叱責されるかも知れない。「取り敢えず、無難に着ておくか・・・。」ということで、男性社会は礼儀作法の文化を変えるのが困難になるのだ。
上司を変えられるのは、更にその上司である。究極的には社長の鶴の一声が有効だろう。

だが、もう一つ言うなら、それも客の声にはかなうまい。気温30度を超えた日には、玄関に『長袖のセールス、お断り』の札でも立ててみる、というのはどうだろうか。

関連:【私はサマータイム制に反対です
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-23 03:46 | 街角
<< 郵政民営化「禁止法」 -東京新聞- Top 市民参加の予算 市川市 >>