ロボット・スーツ、腕部分を開発 筑波大
FujiSankei Business i. TOPIC/筑波大がロボットスーツ開発(2005/5/18)

c0026624_15502542.jpg人間の脚力を大幅に補強する「ロボット・スーツ」を開発した筑波大学が、今度は腕の部分を開発した。開催中の愛知万博に登場し、パフォーマンスを行って見せた。
以前開発された脚部同様、バッテリー駆動で、2時間動作可能とのこと。
これを使えば40キロの重さも殆ど力を入れずに持ち上げられるという。

関連:【ロボット・スーツ最前線
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-19 15:50 | 医療・健康
<< 犬のおかげで脚が回復 イギリス Top イラクの自爆テロ、過半がサウジ出身 >>