男女差別度、日本は38位
男女差別指数、日本は58カ国中38位・世界経済フォーラム NIKKEI NET
Excite エキサイト : 経済ニュース

世界経済フォーラムが16日、「ジェンダー・ギャップ指数」を初めて発表した。
この指数は仕事の機会や待遇、政治参加、教育や保健衛生の環境などに関する男女格差を示す指標や経営者の意識調査を集計。主要58カ国のランキングを示した。
・・・とのことだが、大方の予想通り(?)、日本の順位は38位と低かった。保健福祉分野では世界3位だったが、職業機会などの低評価が響いた。ちなみに中国は総合33位、韓国は54位。全体として、アジア諸国が低迷している。

順位が高いのは北欧諸国で、世界経済フォーラム・チーフエコノミストのクラロス氏は「人的資源の半分を有効活用できない社会は競争力を失う。それを自覚している北欧諸国が上位を占めるのは当然だ」とコメントした。
この指数の上位の国を見てみると、次のようになる。
  1. スウェーデン
  2. ノルウェー
  3. アイスランド
  4. デンマーク
  5. フィンランド
  6. ニュージーランド
  7. カナダ
  8. イギリス
  9. ドイツ
  10. オーストラリア
5位までは見事に北欧諸国が並び、地域的な要因があるのかと思えるほどだ。

尚、58カ国全ての順位表をみたい方はこちらから見ることが可能だ。各項目は7段階評価され、その点数でランキングされている。




下記の表では、総合および分野別の上位10カ国と下位10カ国を色分けした。
(水色は上位10カ国、オレンジは下位10カ国)
ジェンダー・ギャップ指数
これを見ると、日本の場合、男女雇用機会均等法の施行によって就職時の差別は(表向き)禁止されているが、昇進など待遇面での差別が残っていることなどが伺える。

関連:理系研究者、女性は11%=政府の男女共同参画白書
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-17 18:12 | ニュース
<< 竹島、尖閣諸島、沖ノ鳥島に本籍ある人 Top 大陸─台湾間海底トンネル計画 中国 >>