無人機、アルカイダ幹部を殺害
CNN.co.jp : 無人攻撃機がミサイルでアルカイダ幹部を殺害、CIA - USA

米国がアフガニスタン周辺で実行している国際テロ組織アルカイダの掃討作戦で、米中央情報局(CIA)の無人偵察・攻撃機プレデター」が5月初旬、パキスタン内でアルカイダ幹部の潜伏を発見し、ミサイル攻撃で殺害したことが13日分かった。複数の米政府筋が明らかにした。
 このプレデターという機械は、以前は「無人偵察機」と紹介されているのを読んだことがあったが、攻撃も可能な兵器だったようだ。
単に私が気づかなかっただけかも知れないが、これはちょっとショックだ。
アメリカは無人機をイラン上空などへも飛ばしており、偵察活動には既に使用している。これが人を殺傷目的で飛んできたなら、打ち落とさない限り、ずっと付け狙われることになるだろう。
IAEA違反の核施設を隠していないか偵察するだけなら問題は小さいかもしれないが、先制攻撃をも辞さないとするブッシュドクトリンを掲げる今のアメリカなら、いろいろな使い道を考えるのではないかと心配だ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-15 02:54 | ニュース
<< 犯罪者の更正と職業 Top 1歳児の発育が将来に影響 フィ... >>