ドコモ、108億円課税取り消し判決
asahi.com: ドコモの108億円課税取り消し判決 回線利用権取得で-社会

NTTドコモがPHS事業を引き継ぐため、回線利用権を取得した費用について損金扱いにしたところ、国税当局が108億円の課税をしたことを巡る裁判で、東京地裁が13日、課税を取り消す判決を出した。
回線をまとめて一つの資産と見なすかどうかが、判断の分かれ目であったが、裁判では「ドコモ側がまとめて取得しても、取得価額は1回線の単価で考えるべき」として、課税を違法なものと認めた。

国税庁は上訴するか、今後検討するとしているので予断は許されない。
しかし、この判決が確定すると、ドコモの利益が108億円上乗せされ、営業開始以来、初の減収に陥ったドコモにとっては貴重な利益となるだろう。

参考:NTT連結、営業利益22%減 ドコモ落ち込み響く
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-13 23:20 | ニュース
<< 「日本人は米国ビーフ大好き」小... Top スギヒラタケ食べた人の脳から組織破壊 >>