会社に不満、日本がワースト1
asahi.com: 会社への忠誠心、日本が世界最低 「非常にある」9%

ギャラップ社が行った調査によると、日本人の会社への帰属意識や仕事への熱意は14カ国中最低水準であることが分かった。

仕事への忠誠心や熱意が「非常にある」が9%、「あまりない」が67%、「まったくない」が24%となった。03~04年に同じ調査をした他国と比べると、「非常にある」はシンガポールと並んで最低、最も高い米国(29%)の3分の1以下だった。一方、「まったくない」はフランス(31%)に次ぐ2番目の多さだ。

ギャラップ社では、「米国は不満があれば転職する。日本は長期雇用の傾向が強いこともあって、相当我慢しているのではないか」と分析している。
多分、そうなのだろう。「石の上にも3年」等、日本人自身が長期雇用を美徳と考えてきた歴史がある。

アメリカ型の能力主義を導入するなら、その前提となる転職の自由度も高くなければ片手落ちだ。そのためには、雇用者側、被雇用者側、共に意識を変える必要がある。雇用者側は採用に当たっての転職歴や年齢制限を見直し、本人の経験をベースに考えるべきだろうし、被雇用者側も転職活動をためらうべきでない。差し当たって求人倍率が1を切っている現状では、雇用側の意識改革が急務だろう。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-13 14:37 | ニュース
<< スギヒラタケ食べた人の脳から組織破壊 Top 反米抗議広がる アフガニスタン >>