酵母菌、宇宙へ 高知県
ZAKZAK

高知県宇宙利用促進研究会と、高知県酒造組合連合会が共同で、ロシアの宇宙船で酵母を育てようとしている。
c0026624_2350671.jpg土佐の酒のアピールのため、宇宙船内で育てた酵母菌で日本酒を作り、「宇宙酒」として売り出す計画だ。
打ち上げ費用は1200万円かかるが、両団体で折半して負担するという。
計画では、県工業技術センターで開発した酵母6種類をケースに密封。9月下旬、ロシアのバイコヌール宇宙基地からソユーズで打ち上げ、国際宇宙ステーションで約2週間宇宙に滞在させる。
なかなかに面白そうな計画ではあるが、「地上にない酵母に変質する可能性もある」ということなので、ちょっとコワイ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-12 23:45 | ニュース
<< 血液で発電する電池を開発 Top GWの人出 >>