太陽のいたずら「水平環」観測される
*astroblog
珍現象 伊豆諸島・八丈島で「水平環」観測 -Yahoo News

5月11日に、日本列島の複数の地点で「水平環」と呼ばれる珍しい現象が観測された。写真を見ると分かるように、通常の虹とは全く違う位置に「虹」が見えている。

気象庁によると、この水平環は上空の冷たい空気で薄い氷晶の雲が出来たときに観測され、年に数回しか見られない珍しいものだそうである。

この日、水平環が観察されたのは東京都・八丈島の他、島根県、京都府・丹後半島、三重県津市など。
気象庁では、「全国的に気温が低く、地表に近い雲の中に氷の結晶ができるなどの条件がそろったため、複数の場所で見られたのではないか」とコメントしている。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-12 15:53 | 自然科学
<< 占星術師、NASAを訴える ロシア Top 中国の「民主化」意識を刺激 台... >>