東京都小笠原村沖ノ鳥島一番地
Yahoo!ニュース - 西日本新聞 - 沖ノ鳥島に住所看板 国交省 「管理下」をアピール

日本の領土であることを示すため、東京都が周辺漁業を始めたり、国がレーダー設置を計画している沖ノ鳥島。
このほど、国土交通省は沖ノ鳥島の北小島に住所を示す看板を設置することにしたそうだ。

縦1m×横1.5mの看板には、『日本国の最南端の島 東京都小笠原村沖ノ鳥島一番地』と表示される。尚、東小島が同2番地になるが、今回は設置しないとのこと。
(1番地と2番地の間は1km以上あるようだ)
小笠原村によると、沖ノ鳥島に戸籍を移す人は増えつつあり、今月六日現在で約五十世帯。以前は沖ノ鳥島での登録だったが、昨年十二月ごろから「一番地」「二番地」での登録を始めた。
愛国心に富むと自覚のある人に、是非、本籍登録をお勧めする。
尚、実際の沖ノ鳥島は珊瑚礁に囲まれた岩礁である(地形図参照)ため、一般人が住むことは不可能。念のため。

[P.S.]
6月20日、国土交通省は北小島を囲むコンクリート製の護岸にチタン製の住所表示を取り付けたそうだ。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-09 14:02 | ニュース
<< 衣食足りて、人質を解放 オース... Top 土星に新衛星12個発見 すばる望遠鏡 >>