人を褒めない文化
[Excite エキサイト : 社会ニュース]
<容姿>日本女性「自分は他人より劣る」 4人に1人も
[Nikkei Net]
日本リーバ、「女性の美に関する世界調査」結果を発表
[FujiSankei Business i. 総合]
日本女性は美に控え目、ユニリーバが10カ国アンケート(2005/4/11)


日本女性は自分の容姿に自信が持てない割合が高い、という10カ国の比較調査が発表された。生活用品メーカーのユニ・リーバが昨年2~3月、世界10カ国の女性計3200人(うち日本人は300人)にアンケートした結果、日本女性の自己評価が際立って低かったという。詳しい結果はこちら
満足度の調査項目は以下の通りであった。
  1. 家族関係
  2. 友人
  3. 健康
  4. 恋愛関係
  5. 信仰心
  6. 仕事上の成功
  7. 容姿(体重・体型)
  8. 美しさ
  9. 外見的魅力
  10. 経済的魅力
以上についての満足度を世界平均と比べると、日本女性の低さが目立つ。
c0026624_1644263.jpg
前半の、人間関係に関する調査項目では比較的満足度が高かったものの、いずれも世界平均には及ばなかった。(特に恋愛、外見的魅力、美しさなどが際立って低い)

各紙とも、「日本女性は謙虚」などと言った見出しで報じているが、これは謙虚と言うこととは少々違うのではないかとも思えてくる。自信があっても他人に遠慮してみせるのが謙虚と言うことだと思うが、アンケート調査に対して謙虚もなにも無いだろうから。単純に、主観的評価としての自信が無いというレベルであろう。

そこで、次なる疑問は、何故自信が持てないのか、ということになる。
日本顔学会副会長を務める大阪樟蔭女子大学の村澤博人教授(顔・化粧文化論)は「日本女性はファッションセンスもメークの腕も、自信を持っていいレベル。それなのになぜ、自分を肯定的にとらえられないのか」と嘆いている。
教授の弁は全く疑問に答えていないが、自信が無いからこそ、ますます化粧品が売れるのだろう。実際、同時に行われた別の設問では、「女性を美しくする重要な要素は化粧・メイクアップ」という回答割合が、日本人女性は海外の女性より多い。

ところで、最初のグラフをもう一度見ると、極端に日本人女性の満足度が低い項目に「恋愛」がある。私はこれが鍵ではないかと思う。つまり、外見や容姿を褒めてくれる相手がいないのではないか、ということである。
元々日本男子たるもの、気安く女性を褒めるなどと言うことには疎いものだ。あまりにも日常とかけ離れたことをするのが気恥ずかしいということもあろうが、実は男女を問わず、人を褒めると言うことをしないのが日本ではないか。
(大人が子供を褒めることは有り得るが、大人同士では謙譲の精神や嫉妬が働くためか、滅多に褒めないように思う)
滅多に褒められないと、褒め上手な相手に出会った時に舞い上がってしまいかねない。イタリアやギリシャなど、ラテンの国々を旅行予定の女性は要注意である。

それにしても、「顔学会」が存在したとは知らなかった・・・。
[PR]
by kiyoaki.nemoto | 2005-05-07 15:35 | ニュース
<< Googleがウェブアクセス高... Top 寝ていたホームレスに大金 ポーランド >>